【MTG】プレリ直前!ラヴニカの献身の除去やバットリ一覧!【Arena】

「知識」あっての「読み」

発売を目前に控えた、ラヴニカの献身ですが、おそらく多くのマジック愛好家のみなさんは、プレリリースに参加するのではないでしょうか?

私も、もちろん参加予定です!

さて今回は、そんなプレリリースをがっつり楽しむために、

それぞれのカラーにどんな除去があるのか

コンバットトリック呪文があるのかをまとめたので、

しっかりと頭の中にいれ、勝利を目指しましょう!

シールドデッキ構築編はこちら!

除去呪文編

今回は「除去呪文」の定義として、

「クリーチャーを、ダメージや効果によって、破壊や追放するか、攻撃やブロックに参加できない状況にするカード」

として、リストアップしていきます!

略式判決というインスタントが強力ですね。附則で唱えると5点となり、コモンにあるまじき除去力です。

その代わり、いつもの攻撃・ブロックの無力化エンチャントがなく、今回は防衛に変えてしまうエンチャントになっています。

青はいつも通り、バウンス呪文とコントロール奪取呪文ですね。

こちらも、白と同様に攻撃・ブロックを無力化するエンチャントはありません。

黒もいつも通り、単体除去は健在です。

追放除去は死後対策としては有用ですが、+1カウンターがのりやすい環境で、パワー3以下の制約で果たしてどこまで通用するのか。腐ることはまずないとはいえ、採用は考えどころですね。

「批判家刺殺」がとにかく強いですね。しかしそれ以外はパワー不足気味な印象です。

アンコモンになんちゃって鎖回しがいるのは面白いですね。

何と今回、緑は格闘除去が1枚しかありません。

しかも、いつもの飛行限定除去もオマケ効果のせいで3マナと、扱いづらい印象です。

死後のトークンを一掃してくださいってことでしょうが、そんなに上手く機能するのでしょうか…今回の緑は、他のカラーで除去するしかないですね。

多色

流石多色環境!山ほど除去があります。覚えきれるのかこんなの。

こうしてみると、やはりアゾリウスとラクドスは除去が多いですね。

コンバットリック呪文編

恩寵の天使は瞬速なので一応入れておきます。

フェアリーの決闘者は、味方の戦闘を補助したり、自分でブロックに回ったりと、かなり器用に立ち回れそうですね。

キャントリップ付き接死付与に、パンプ付き瞬速など、かなり優秀なものが揃っていますね。

今回は「嵐の一撃」が、+1修正に先制攻撃付与、しかも1マナ占術付きと、かなり使い勝手がよさそうです。戦闘時に、相手の赤マナが1つでも起きていたら注意したいところです。

雷電支配はどう使っても強うそうなカードですね…。

塔の防衛はかなりダイナミックな効果で面白いです。上手くすれば、これで一気に形成逆転もありえますね。

多色

先ほど挙げてしまったので、割愛いたします。

まとめ

簡単にまとめました。簡潔に書いたので、

主語がないものは1体を対象にしていると思ってください。

オマケ【打ち消し】

今回は打ち消し呪文が多いですね…。

引き次第ではリミテでもなんちゃって青白コンくらいなら成立しそうで怖いです。

終わりに

さて、以上で今回の記事を終えたいと思います。

記事を書くまでは「ぜったい全部の除去覚えたる!!」くらいの気持ちでいましたが、

記事を書くうちに「せやかて工藤、そら無茶やで…」という気持ちになりました。

頑張って覚えようと思います。笑

ラヴニカのプレリはギルドを選んで遊べるのが楽しいですよね!

私はまだアゾリウスとラクドスとオルゾフで迷っています。笑

みなさんはもう決めましたか?

マジックとともによい週末をお過ごしください!

それでは。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする