【映画レビュー】独身最後の夜を、最高の悪友と共に【ハングオーバー!】

人生最高の夜を楽しんだはずの男たち。
待っていたのは史上最悪の二日酔い!?

今回ご紹介する映画は、バチェラーパーティをする男たちの、おばかコメディ映画。

ハングオーバーです!

ただこの作品、たけむーは友達に勧められて観たんですが、これは観る人を選びます!!笑

おばかな笑いと下品な笑いが苦手な方はお勧めできませんが、逆にそれがクリアできた人なら、始終爆笑しっぱなしになると思います!笑

バチェラーパーティーとは?

バチェラーは独身男性という意味で、バチェラーパーティーとは独身最後の夜を、新郎の男友達だけで過ごすパーティーのことです。

同様に、新婦が女友達だけで過ごすパーティーは、バチェロレッテパーティーと言います。

日本ではあまりなじみのない文化ですが、知ってしまうとやりたくなりますね。

アメリカでは主に酒、カジノ、ストリップなどを楽しむことが多いようです。

実際、ハングオーバー!でもこの3つは重要な役割を持っています。

基礎情報

監督:トッド・フィリップス

上映時間:100分

制作国:アメリカ

公開:2010年7月3日

ジャンル:コメディ

出演:フィル・ウィネック:ブラッドリー・クーパー

スチュアート・プライス:エド・ヘルムズ

アラン・ガーナー:ザック・ガリフィアナキス

ダグ・ビリングス:ジャスティン・バーサ

あらすじ

結婚式を2日後に控えた新郎ダグは、独身最後の夜を満喫するため、
悪友のフィル、スチュ、義理の弟アランとラスベガスへ。
高級ホテルのスイートでしこたま酒を浴び、バカ騒ぎする男たち。
しかし、翌朝二日酔いから目覚めると、部屋は滅茶苦茶、花ムコの姿は消え、
代わりに一頭の虎と赤ん坊が部屋の中に―。
昨日の記憶が全くない!!一体、昨夜彼らに何が起きたのか?
結婚式は明日。婚約者からは頻繁に電話がかかってくる。
重大な事態が起こっていることを彼女に内緒にしたまま、
24時間以内に花ムコを無事探し出し、結婚式に連れて行くことはできるのか?
時間とのプレッシャーの中、男たちは、無い知恵を振り絞って、
とんでもない証拠品だけを頼りに絶望的な捜索を開始する!!!

公式サイトより

たけむーの見どころ3ポイント!☞

①アランの奇行!

②きれいな伏線回収!

③エンドロールまで楽しめる!

この映画、ギャグだけかと思いきや、ミステリー要素も盛り込まれており、

すぐに回収できる伏線もあれば、ずっと引っ張られる伏線もあったりと、なかなか退屈しないように考えられています。

音楽のセンスもよく、テンポもいいので、あっという間に終わってしまう印象です。

私は、この映画が三部作だと知り、その日のうちに、三部作セットを購入していました。笑

友人の結婚前には、自分も絶対にベガスへ行ってはめを外したい!と思わせてくれる作品です。

女性の方は、内心面白いと思っていても、建前上あまり笑えないと思うので、カップルではなく、一人観を推奨します。笑

ちなみに、たけむーのお気に入りのシーンは、デブvsデブ、カジノです。笑

友人の結婚前に是非観てください!

評価 8.2/10

演出:8

音楽:8

ストーリー:8

キャスト:8

リピート:9