【ボドゲレビュー】おしゃれな四目並べ!【クアルト】【ルール】

見た目もゲームもスタイリッシュ!

今回ご紹介するのは、スイス生まれの4目並べ、クアルトです!

このゲーム、コンポーネントもさる事ながら、ルールもかなり洗礼されており、

スタイリッシュという言葉が最も似合うボードゲームの一つだと感じています。

お洒落なカッフェに持ち込んで、なんちゃらマキアートなどを飲みながら、

友人とゲームする…

これめっちゃいいんですよ!!

(迷惑だから長居するのは控えような!たけむーとの約束だ!)

ひとくち豆知識…コンポーネントとは、ボードゲームにおける、コマやカードなどの内容物のことです!

どんなゲーム?

対応人数:2人

所要時間:5~10分

タイトルにもあるように、基本的には四目並べです!

なので、ルールさえわかれば、

お子様でもプレイ可能なゲームにまとまっていると思います。

やっぱりルールがわかりやすいというのは、

それだけゲーム性が洗礼されているということですね!

ちなみにルールは、5分で理解できますよ!

あそびかた

勝利条件:同じ種類のコマを一列に揃えて、「クアルト!」と宣言する。

4×4のマスが描かれた正方形のボードに、交互にコマを置いていき、

同じ種類のコマを一列に並べた人の勝ち!

という非常にシンプルなルールになっています。

しかし、もちろんそれだけではありません!

このゲームがシンプルながら奥深い仕上がりになっている要素が大きく分けて2つあります!

①自分の置くコマは相手が選ぶ!

②揃える要素は4つある!

このように、単なる四目並べではなく、変化球的な要素があるんですね。

「あのコマを置けば勝てる!」なんて局面でも、当然相手はそんなコマを渡してくれません。

さらにこのゲーム、勝利条件である、揃えるコマのパターンは、以下の4つのうちのどれかです。

①同じ高さを揃える(高いor低い)

②同じ色を揃える(白or黒)

③同じ形を揃える(丸or四角)

④同じてっぺんを揃える(穴が空いてあるor空いていない)

そしてこのゲーム、相手が一列揃えたにもかかわらず、

クアルト宣言をせずに手番が回ってきた場合、自分がクアルト宣言をすることで、

ゲームに勝利することができます!

チャンスは逃さな!ということですね!

ここで、例題を数問用意しました!

ルールを覚えたら、是非挑戦してみてください!

感想

ただでさえ相手がコマを渡してくるのに、勝ちのパターンが4つもあるので、

「ここは色が揃いそうだから、相手にはこのコマを渡して…、

しまった!高さで揃われてしまった!」

「穴が空いてるコマが多いから、ここはこのコマを渡す…、

あぁ!丸いコマで揃われてしまった!」

というように、ゲームが進むにつれて思考回路はぐちゃぐちゃになります!

途中までは覚えてたのに!なんでこともザラにありますよ!笑

しかし、ルール自体は大変シンプルなため、軽いプレイ感なのに、

たくさん思考したあとの、心地よい疲労感を得ることができます!

小さい子でも理解できるので、知育として使ってもいいと思います!

木だから手触りもいいしね!

評価

難易度:簡単!

運要素:なし!

重さ:軽い

読み合い:かなり多い!

プレイヤー間絡み:多い

総合評価:8.5