【映画レビュー】マーベルシリーズ第一作!世界を救うために、正義を身に纏え!【アイアンマン】

装着せよ。強き自分。

本日の映画レビューは、marvelでおなじみ。

アメコミから飛び出してきた、鋼鉄のヒーロー。

アイアンマンです!

こちら、記念すべきマーベル・シネマティック・ユニバースシリーズの第一作ということなんですが、

なんじゃそりゃ!という方が多いと思いますので、まずはここから。

マーベル・シネマティック・ユニバースシリーズとは?

みなさんも「マーベル(marvel)」というフレーズは耳にしたことがあると思います。

そもそもマーベルってなに?といいますと、

実は出版社の名前なんです!

なので、マーベル・コミックというと、日本でいうジャンプ・コミックみたいなものなんですね。

その出版社から出ているコミックが、アイアンマンであり、スパイダーマンであり、キャプテンアメリカである。ということなんですね。

そして、マーベル・シネマティック・ユニバースシリーズというのは、マーベル・コミックのヒローたちを、同じ世界で存在するパラレルワールドを舞台に、映画化していく企画。

要は、全部のヒーローが一斉に集まったらスーパークールだぜ!ってな感じで企画されたシリーズなんですね。

なので、アイアンマン以降のマーベル映画は、すべて繋がっているんです。

基礎情報

監督:ジョン・ファヴロー

上映時間:125分

制作国:アメリカ

公開:2008年9月27日

ジャンル:アクション

出演:ロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク/アイアンマン)

テレンス・ハワード(ローズ)

グウィネス・パルトロー(ペッパー・ポッツ)

あらすじ

自社兵器のデモ実験に参加したトニー・スタークは、テロ組織に拉致され兵器の開発を強要されてしまう。
だが天才発明家でもある彼は、敵の目を盗み、戦闘用パワードスーツを作り出し脱出に成功。
その後、自社兵器がテロ組織に悪用されていたことを知り愕然としたトニーは、最先端の技術を駆使し、圧倒的な破壊力を持つ新たなパワードスーツを開発。
テロを撲滅するため“アイアンマン”となり、命をかけて戦うことを決意する!

DVDパッケージより

たけむーの見どころ3ポイント!☞

①ロバート・ダウニー・Jrの迫真の演技!

②アメコミならではの爽快感!

③あなたも一気にmarvel好きになってしまうはず!

アメコミが大好きなたけむー、やっぱりこの映画を観ると、実写化成功やな!って思います!

①にも書きしたが、ロバート・ダウニー・Jr(以下ダウニーJr)さんの演技力がすごい!そしてイケメンだから画面に映える映える!!

じつはダウニーJrさん。当初は、当時の薬物問題から、最終選考でキャスティングに不信感を抱かれていたそうなんです。

他の候補者にはトム・クルーズさんなんかもいたそうですが、ダウニーJrさん自身が大のアイアンマン好きだということもあり、その圧倒的な役作りで、他の候補者たちを押しのけて見事主役の座を射止めたそうです。

だから映画のトニー・スターク(主人公)は、本当にかっこよく映っているんですね!!

また、CGを駆使したド派手なアクションは、アメコミならでは!

特に新旧アイアンマン同士のラストバトルは、一瞬も目が離せません!!

逆境に陥って、はじめて気づく本当の正義。

そして、自分信じる正義を追い求めた、トニー・スタークの痺れる生き様を、ぜひみなさんもご確認ください!

なんだか無性にスカッとしたい!ヒーローに憧れたあの気持ちをもう一度味わいたい!

そんな時におすすめです!

評価 7.2/10

演出:7

音楽:8

ストーリー:8

キャスト:8

リピート:6