【映画レビュー】スタジオポノック第一作!一日限りの魔女になれたら。【メアリと魔女の花】

魔女、ふたたび。

今回はスタジオポノック制作、初の長編映画。

メアリと魔女の花です!

まずは、メアリがスタジオジブリだと思っていた人に、スタジオポノックのご説明ですよ。

スタジオポノックとは?

スタジオジブリは2014年に制作部の解散が行われました。

その際、これまで「思い出のマーニー」や「かぐや姫の物語」のプロデューサーを務めた経歴のある西村義明さんと、

同様にスタジオジブリにて「借りぐらしのアリエッティ」や「思い出のマーニー」などの脚本を手がけた米林宏昌さんが、共同して設立したのが、スタジオポノックなんです。

なので、作品から全体的にスタジオジブリの雰囲気を感じられるのです。

もちろん、宮崎駿さん公認です!

基礎情報

監督:米林宏昌

上映時間:102分

制作国:日本

公開:2017年7月8日

ジャンル:ファンタジー

出演:杉咲花(メアリ・スミス)

神木隆之介(ピーター)

天海祐希(マダム・マンブルチュ-ク)

あらすじ

赤い館村に引っ越してきた主人公メアリ(声:杉咲花)は、森で7年に1度しか咲かない不思議な花≪夜間飛行≫を見つける。

それはかつて魔女の国から盗み出された禁断の❝魔女の花❞だった。

一夜限りの不思議な力を手に入れたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法世界の最高学府❝エンドア大学❞への入学を許可されるが、メアリがついたたった一つの嘘が、やがて大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしてい行く。

魔女の花を追い求める、校長マダム・マンブルチューク(声:天海祐希)。

奇妙な実験を続ける、魔法学者ドクター・デイ(声:小日向文世)。

謎多き赤毛の魔女と、少年ピーター(声:神木隆之介)の出会い、そして。

メアリは、魔女の国から逃れるため「呪文の神髄」を手に入れて、すねての魔法を終わらせようとする。

しかしその時、メアリはすべての力を失ってしまう。

次第に明らかになる❝魔女の花❞の正体。

メアリに残されたのは、1本のホウキと、小さな約束。魔法渦巻く世界で、ひとり無力な人間・メアリが、暗闇の先に見出した希望とは何だったのか。

HPより抜粋

たけむーの見どころ3ポイント!☞

①王道ファンタジー!

②個性的で中毒性のあるキャラクター!

③安心のハッピーエンド!

主人公は赤毛の魔法使い、箒で空を飛び、オトモは黒猫と、とにかく王道をゆく設定に、

キャラクターや魔法学校の世界観が、ファンタジー全開で可愛らしかったですね。

エンドア大学は地球上には存在しないような非日常感があり、映画特有の特別感を味わわせてくれます。

登場人物の中でわたしのお気に入りのキャラクターは、魔法学校の箒小屋の番人「フラナガン」!

たぬきにもねずみのようにも見える彼なのですが、そのコミカルな見た目と動きで、物語の要所要所で「笑い」を提供してくれます。笑

物語も中盤になれば、魔女の花とともに解き明かされる、エンドア大学の秘密。

ときには少年少女の成長物語、ときには魔法をつかった迫力のあるバトル、ときには

一度にたくさんの

以下、ネタバレ含みます!ご注意!

しかし、鑑賞後の気持ちとしては、正直うーんという感じ。全体的に期待しすぎた感がありました。あとは、ジブリらしさを引きずりすぎかな。登場キャラクターの一部が、ジブリの過去キャラを髣髴とさせたり、随所にジブリで見たようなシーンが多かったです。

あとは、メアリが魔女になるきっかけとなった、「魔女の花」が万能すぎて、

①それがあればだれでも魔女になれる(メアリである必要はない)

②魔女になりたてでも、本があれば最強呪文が撃てる(努力で勝ち取る描写がない)

などなど、設定的に腑に落ちない部分が引っ掛かりましたね。

主人公メアリも、お調子者過ぎて感情移入しにくかったのが残念でした。

ともあれ今回は一作目、今後のスタジオポノックに期待したいところです!

評価 6/10

演出:7

音楽:6

ストーリー:6

キャスト:7

リピート:4