【映画レビュー】少年時代の葛藤を、おおかみこどもの目線で描く【おおかみこどもの雨と雪】

私が好きになった人は、”おおかみおとこ”でした。

今回は細田守監督作品である、おおかみこどもの雨と雪です。

細田守監督といえば、青春時代の恋愛模様を描いた「時をかける少女」や、バケモノに育てられた少年の成長と友情を描いた「バケモノの子」などが有名ですね。

たけむーも細田守監督の作品は大好きですべて観ています!

そんな細田守ファンのなかでも、実は賛否両論の今作。

たけむーのレビューやいかに!

基礎情報

監督:細田守

上映時間:117分

制作国:日本

公開:2012年7月21日

ジャンル:ドラマ

出演:宮崎あおい(花)

大沢たかお(おおかみおとこ)

あらすじ

大学生の花(宮崎あおい)は、彼(大沢たかお)と出会ってすぐに恋に落ちた。やがて彼が人間の姿で暮らす”おおかみおとこ”だと知ることになったが、花の気持ちが変わることはなかった。
そして一緒に暮らし始めた2人の間に、新たな命が生まれる。

雪の日に生まれた姉は≪雪≫、雨の日に生まれた弟は≪雨≫と名づけられた。雪は活発で好奇心旺盛。雨はひ弱で臆病。
一見ごく普通の家族だが、生まれてきた子供たちは、「人間とおおかみ」のふたつの顔を持つ、≪おおかみこども≫だった。そのことを隠しながら、家族4人は都会の片隅でひっそりと暮らし始める。
つつましくも幸せな毎日。しかし永遠に続くと思われた日々は、父である”おおかみおとこ”の死によって突然奪われてしまった―――
取り残された花は、打ちひしがれながらも「2人をちゃんと育てる」と心に誓う。

そして子供たちが将来「人間か、おおかみか」どちらでも選べるように、都会の人の目を離れて、厳しくも豊かな自然に囲まれた田舎町に移り住むことを決意した。
それぞれの道を歩き出した雪と雨に、選択のときが迫っていた。

「人間として生きるのか」それとも「おおかみとして生きるのか」 そして花にも、決断のときが迫っていた。
2人の≪おおかみこども≫の選択をどのように見守るのか。

公式サイトより抜粋

たけむーの見どころ3ポイント!☞

①シリーズで最も人間ドラマを描いた作品!

②自分らしい生き方を考えさせられる!

③良くも悪くも、生き物らしさをリアルに描く!

冒頭でも書いた通り、この作品は賛否両論であり、その理由が③だと思います。

具体的に挙げると「花とおおかみおとこのベッドシーン」や「おおかみおとこが回収車に乗せられるシーン」でしょう。

予告の楽しそうな親子のシーンから、また時をかける少女のような作品を想像されていたなら、

今までの細田守作品にある爽快感や、甘酸っぱさがなく、想像以上に現実感のある描写に違和感を覚えるのではないでしょうか。

また、なぜ花は奨学金で通う学生の身でありながら、子供を作ったのか。

無計画すぎるのではないか。戸籍はどうするのか。など、そのリアルさ故の指摘は挙げればキリがありません。

しかし、わたしの意見は「フィクションなので大目にみたらいいじゃない」です。

映画は楽しんで観てナンボだと思っているので、むしろよくギリギリを攻めたな!と思います。

というわけで、以下はみどころ解説です!

物語は、娘の雪が母親である花の半生を語る形ではじまります。

この作品の見どころは、

序盤:花 ⇒ 中盤:花と雨と雪 ⇒ 終盤:雨と雪

というように、自然と主人公が移り変わるところだと思います。

タイトルにも書いたように、「少年時代のどっちつかずな存在の葛藤」というテーマを

「おおかみ」と「人間」の狭間で揺れさせるという表現は上手だなぁと感じましたね。

余談ですが、作中で雪が小学校でおおかみにならないよう、

「おみやげみっつ、たこみっつ」

というおまじないを唱えるのですが、意味深すぎてどうしても気になったので調べてみました!

すると、細田守監督の声明があったので紹介いたします。

「約束をする時の歌『指切りげんまん、うそついたら針千本飲ます』に続く言葉として“おみやげ みっつ たこみっつ”という地方があるそうで、それに由来しています。」

細田守

変身しないようにするおまじないとして、約束をするときの言葉を使うとは洒落た演出ですね!

評価 5.8/10

演出:6

音楽:6

ストーリー:6

キャスト:6

リピート:5

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする